アーモンドオイルでクレンジングからヘアケアまで解決するサイト

超敏感肌の私が、たどりついたスキンケアはアーモンドオイルでした。思い切って、クレンジングからスキンケアまで“シンプルな原料だけ使う方法”に切り替えることにしました。アーモンドオイルでクレンジングからヘアケアまで解決するお話です。
MENU

肌が弱すぎる…。アーモンドオイルでクレンジングからヘアケアまで解決した話

 

もともと肌は強い方ではなかったのですが、産後、“敏感肌用”と言われる化粧品にまで、肌荒れするようになりました。
素人の私には、どの成分を避けるべきかわからずお手上げ状態。

 

思い切って、クレンジングからスキンケアまで“シンプルな原料だけ使う方法”に切り替えることにしました。

 

そこで巷で話題になっている「オイル美容」を実践!
体験談をご紹介いたします。

 

自分に合うキャリアオイル探し

「オイル美容」に使われる油は、植物から抽出されています。
調べてみると、何種類かあり使用感も違うとのこと。

 

この“キャリアオイル”の使用感を、店頭で試すべく「無印良品」に行きました。
出かける前は 「どこかで聞いたことのある“ホホバオイル”なら間違いないかなぁ」と八割方 決めていた部分があります。

 

しかし肌に馴染ませてみると、予想以上にキャリアオイルにはそれぞれ個性がありました!

 

パッケージもおしゃれな無印良品のアーモンドオイル

 

私が気に入ったのが「スイートアーモンドオイル」。

 

ホホバオイルよりも少し重い使用感があります。
それでいて馴染ませていくとべたつかずサラリとする、今まで体験したことのないオイルでした。

 

また、家計を切り詰めている最近。
キャリアオイル一本で髪や肌の保湿はもちろん、あわよくばクレンジングまで賄ってしまおうと企んでおりました。

 

その渾身の一本をリビングの中心に置いて使うべく、見た目がスタイリッシュなパッケージでありたいという欲張りな乙女心(…アラフォーです)。
無印良品のオイルは、都会のおしゃれなカフェの店内にあっても馴染みそうな(…ド田舎 在住です)デザインに大満足でした。

 

少しねっとりした使い心地がちょうどいい

 

 

ホホバオイルのような軽い使用感のオイルは、スッと馴染むので人気が集まる理由もわかります。
しかしアーモンドオイルのような“ねっとりした遊びの時間”があると、マッサージしたときに摩擦が少なく使用できるイメージがあり好みです。

 

メイク落としとして使用するときは、画像の倍ぐらいの量を使いマッサージも兼ねて使用しています。

 

ファンデーションコンシーラーで検証

 

 

メイクのクレンジングとしての実力がわかるように、ファンデーションコンシーラーで検証しました。
目の下のクマが気になるときに使っている、カバー力が良いコンシーラーです。

 

オイルを乗せると浮く部分もあり

 

ファンデーションコンシーラーの上に、アーモンドオイルを垂らし乗せた状態です。
すでにファンデーションが浮いてきている部分もあります。

 

指でクルクル馴染ませ溶かす

 

オイルとファンデーションを、指で馴染ませました。
オイルが濁って、よく混ざっているのがわかります。

 

ティッシュペーパーでふき取ると…

 

一度目のふき取りでは、肌にファンデーションコンシーラーが残っていました。
画像は、何回かこすり取った状態です。

 

しかし顔の上をごしごしと残りを取るのは、肌に悪そうです。

 

日常のクレンジングの際にも、やはりファンデーションが残っている感覚があります。
またオイルも残っていると、後の化粧水が肌に入らなそうなので、再度、赤ちゃんも使える低刺激な泡洗顔料で洗い流しています。

 

しっかりオイルを落とした後、化粧水をつけてその上から、薄くアーモンドオイルで肌に蓋をします。
さらに手に残ったオイルは、髪につけて使い切ってしまいます。

 

“メイク落としのクレンジング”としては少し手間がかかりますが、肌に合わないメイク落としで顔が赤くなった事を思うと、手放せないオイルになりました。

 

体調に合わせて使用頻度を調整

 

 

成分

 

現在、アーモンドオイルでのオイル美容をはじめて3か月ほど経ちます。

 

心持ち肌にハリが出来たのか、乾燥から出来る“小じわ”が減ったようです。
「無香料」「無着色」、成分表には「アーモンド油」のみなので、これがアーモンドオイルに含まれるオレイン酸やビタミンEの効果なのかと実感しています。

 

また噂の“美白効果がある”と言われている面は、まださほど実感していません。

 

また肌に優しいとはいえ、まったく肌トラブルが無かったわけではありません。
月経の期間は肌の抵抗力が無くなるようで、この期間に使用するとニキビのような“できもの”が出来ました。
いつも使えているシャンプーでも皮膚がかゆくなるので、お湯洗いで乗り越えています。

 

こんな体質の私が、安心して使えている「アーモンドオイル」。
同じように困る体質があり、自分に合うスキンケアを探している人にとって有難い存在になるかもしれません。

 

まとめ

では、肌の弱い私がアーモンドオイルを使用した感想のまとめです。

 

良い点

  • いろんな成分が混ざった化粧品とは違い、原料が明確。
  • キャリアオイルの中でも、ちょっとだけ重い使用感。
  • クレンジングからヘアケアまで、一本で幅広く使用できる。

 

気を付ける点

  • オイルをしっかり取って、化粧水を浸透させないと乾燥する。
  • 肌に合う、合わないは個人差がある。

 

使用している感想は「もう手離せない」です。
肌に合っている点も魅力ですが、一本でクレンジングからケアケアコスメ、ハンドクリームの役割までしてくれるのでコストパフォーマンスが良く、場所も取らないので助かっています。

 

植物のオイルですが、「アーモンド」ということでまれにアレルギー反応する方もおられるようです。
テストしてからの使用をおすすめいたします。

 

(出典:クレンジングランキング
(出典:無印良品スウィートアーモンドオイル

更新履歴
このページの先頭へ